注文住宅を建てるうえで知っておきたい!疑問解決に役立つ情報を紹介します

当サイトは絶対に成功させたい、初めての注文住宅での家づくりに欠かせない基本を解説しています。

大きな買い物で失敗を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

注文建築の住宅のフルオーダーとセミオーダー2つの違いについても、このサイトで触れています。

2つの違いを知りたい人におすすめです。

またオーダーメイド住宅におけるこだわり条件は、リストアップして優先順位を決めるのがコツです。

理想を形にすることができるようになります。

注文住宅を建てるうえで知っておきたい!疑問解決に役立つ情報を紹介します

初めての注文住宅なので、絶対に成功させたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そのような時に知っておきたい基本には、居住性を重視することが大切だということが挙げられます。

自由度の高い注文住宅ですが住みやすさを考えて建てないと、暮らし始めてから後悔するかもしれません。

また掃除のしやすさを考えて設計することも大事です。

お洒落さばかり重視してしまうと、手入れがしにくくなることも考えられるからです。

おしゃれな注文住宅を建てるときのポイント

一生で一番高い買い物と言われる家ですが、漠然と自分の家を持ちたいと考えている方も多いでしょう。

そもそも多くの方が想像しているマイホームというのは、どのような物でしょうか。

一口にマイホームと言っても、一昔前は注文住宅が主流でしたが、今は建売住宅があります。

まず建売住宅というのは、あらかじめハウスメーカーが土地を購入し、そこにある程度人気のある間取などの区画を決めて、建設してから販売する住宅です。

一方注文住宅とは基本的に家を建てる人間が、土地を購入してハウスメーカーを探して建築する住宅です。

ですから間取りだけでなく、壁紙から何から全てを自分の好みの物にすることが出来ます。

注文住宅とは自分で建てたい家の理想像がある方が選ぶ建築住宅なのです。

ただ全てを決めるというのは長い期間掛かる上に、打ち合わせに時間が掛かってしまうかなり根気のいる事なので、前もって様々な細かい部分を決めておくと打ち合わせの際に非常にスムーズです

注文住宅の外装の種類はいろいろ!選び方を紹介

注文住宅のメリットにはいろいろありますが、自由度のある間取りを持つ家づくりが実現できる点は大きいです。

建売住宅では、良くも悪くも無難で多数の人々に平均的に受け入れられるような間取りが必然的に多くなります。

建売の場合には、どのような人に売れるのかその段階では分かりません。

となると、できるだけ可能性を広くとっておいたほうが良いに決まっていると考えます。

結果的に、一部の人だけにしか受け入れられないような独創的な物件よりは、可もなく不可もない物件が多くなってしまうのは致し方ないことと言えます。

しかし注文住宅ではこのような点を気にする必要がありません。

注文した人がその物件を購入してくれることは決まっているのですから、希望通りに建てることが一番の目的になるためです。

建売住宅ではなかなか見つけることができなかったような自由度の高い間取りであっても、住宅として問題ない限りは自分の希望を通すことができるわけです。

注文住宅の内装を考えるときに押えておきたいポイント

注文住宅は一種の憧れであってメリットを数多く挙げることができますが、デメリットが全くないわけではありません。

そもそも多くの人の憧れである点から考えて明らかですが、気になる点の一つはコストがかかることです。

建売住宅と同じような価格で実現できるものであれば、そもそも憧れでも何でもなく、ほぼ全ての人が自分の希望を通すことができる注文住宅を選ぶに決まっています。

そうなっていない理由に価格が高く、おいそれと手を出せず妥協せざるを得ない現実があると言えるわけです。

建売であれば、多少の差は当然あっても、建築に必要な資材とか設備類はかなりの部分で共通化されており、その分だけ値段を安く提供できますが、注文住宅となるといわばオーダーメイドになる部分が発生しますから、値段が上がって仕方ないと言えます。

また、設備や資材が共通化されていれば建築にかかる時間も短縮できますが、注文住宅ではその逆ですから、入居まで長くなることが考えられます。

注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違いを分かりやすく解説

新築する家が注文住宅であるのならば、事前に決めておくべきことが資金計画になります。

建築するための敷地が確定していなのでは、契約に向けての話しもできません。

また、建てたい家のプランも確定していないのでは、建築費用の見積もりの提出も頼めません。

そのために敷地を確定するためには、購入するための資金も必要になります。

そして上物である建物の建築資金も、別途用意しておくべきものです。

この資金を用意する手段が住宅ローンの利用であれば、無理のない返済計画を立てることが必須です。

これらの全ての条件をクリアするためにも、事前に建てるべき資金計画の重要性が高まります。

特にその計画の中でも土地の取得費用と、建物の建築費用を正確に決めることにより全てが始まります。

このような理由からも事前に立てる資金計画と、予算の策定は欠かす事のできないことです。

将来自分が困らない為にも、注文住宅での家づくりを進めるためにも怠ることはできません。

直感だけで決めては危険な注文住宅について

注文住宅を建築するのであれば、お城のような住まいにしようと考える人も少なくありません。
島国コンプレックスから、西欧のキャッスルや王宮の住まいにあこがれる日本人も多く、直感で輸入住宅を選択し、莫大なお金をかけて注文住宅を建築数人も珍しくありません。
確かに日本でアールヌーボーやゴシックデザインの宮殿のような住まいは目立って優越感に浸ることができます。
しかし、その住まいが日本の気候風土に合わなかったり、地震大国日本では危険な住まいになることも珍しくありません。
そこでおすすめなのは、設計会社や工務店のデザイナーや設計士と緻密に打合せすることです。
そのうえで建築士などのアドバイスに耳を傾け、その忠告を受け入れる心構えも大事です。
日本には式があり、単に北欧住宅のように気密性だけを追求した住まいではいけません。
通気性や換気などにも長けた、涼しい住まいなども日本の夏の為には備える必要があるんです。
また日本では耐震性を高めて建築しないといけません。

みんなの憧れ!おすすめの注文住宅について

注文住宅は多くの人のあこがれの住まいです。
なぜなら、自分で土地選びから設計に至るまですべて希望を詰め込むことのできる住まいであるからです。
注文住宅を建築する際にまず大事なのは、土地選びになります。
永続的に住み続けることを考えたり、売却時に資産価値が落ちることがないように立地条件にこだわって土地を選ぶこともおすすめです。
病院やスーパーマーケットが近く、駅から徒歩10分圏内の土地であれば資産価値はそれほど低下しません。
そして注文住宅をどこに依頼するかが問題です。
ハウスメーカーや工務店、設計会社などがありますが、予算に余裕があるのであれば設計会社がおすすめです。
地元密着型の工務店などもお勧めです。
希望をできるだけかなえるように尽力し、即座に対応したり融通の利く業者がお勧めなのです。
注文住宅では祭が対策も忘れてはいけません。
耐震性を高める楮の2×4工法などで建築しておくと安心なんです。
自家発電装置を設置するのも良いでしょう。

注文住宅の購入時に発生する手数料は、意外と高額になることがある

住宅展示場に行って注文住宅に関する相談をすると、坪単価や工事費のことは説明を受けると思いますが、諸費用についての説明を受ける可能性は低いといえます。
これらの費用は、間取りを検討する段階になってから言及されることが多いのです。
不動産業者を通して注文住宅の土地を購入した場合は、仲介手数料が発生します。
これは売買価格の3パーセントが相場となっているのです。
2000万円の土地を購入したのなら、仲介料だけで60万円もかかることになります。
そして注文住宅をキャッシュで購入する人はほぼ皆無ですが、住宅ローンを利用する場合は事務手数料が発生するのです。
さらに住宅ローンには、保証料もかかります。
3000万円の注文住宅を購入した際は、住宅ローンの諸経費だけで約70万円も請求されるのです。
住宅メーカーや金融機関によっては、クレジットカードや電子マネーでの支払いも認められています。
ポイントを貯めたりキャッシュバックキャンペーンを上手く活用して、諸費用の負担をできるだけ減らすようにしましょう。

注文住宅を作るときに信頼性の高いメーカーの選び方

"注文住宅は一から自分の希望する条件で住宅を作るという形になりますが、どのような住宅に仕上げたいかなどしっかりイメージを固めた上でメーカーを選ぶことが大切です。
信頼性の高いメーカーを選びたいという場合には、注文住宅を作っているメーカーを一社ではなく複数に相談することが重要です。
営業マンや担当者に話を聞くことによって、そのメーカーが信頼できるかの検討がつきます。
最低でも宅建士の資格がある、報告や連絡をしっかりしてくれる、打ち合わせ中にメモを取るなどが条件となります。
また、信頼性をチェックするための判断基準としては、過去の実績や販売戸数、売上や従業員数などが挙げられます。
これらはホームページなどで調べることができるため、相談前に見ておくことが良いとされています。
顧客の満足度が高ければ、信頼しても良いメーカーだと判断することが可能です。
メーカーによっては信頼できても、担当者などの相性が悪いというケースもあるため注意が必要です。

注文住宅の建築方針を決める場合のポイント

注文住宅を建てるときには、施主の気持ちが揺れ動いて途中で計画変更が行われることもあります。
しかし計画変更は工期の長期化にもつながり、しかも建築費用が当初よりも高額になります。
したがって後悔しない家づくりを実現するためには、事前に注文住宅のコンセプトをしっかりと決めるべきです。
施主と一級建築士が相談して方針を決めることが、快適に暮らせる住まいをスケジュール通りに建てる最善の方法です。
ところが注文住宅の建築をハウスメーカーに依頼する機会は、長い人生の中でもそれほど多くないのも事実です。
そのために方針決定で時間がかかることも珍しくなく、しかもあまり良いプランが見つからないこともあります。
けれども施主の希望を丁寧に聞き取り提案をする施工会社を活用すると、家づくりに伴う諸問題も解決できます。
これまでの経験を生かして提案してくれるハウスメーカーに発注すると、間取りや設備のレイアウトの面で十分に満足できる住まいになります。

注文住宅に関する情報サイト
家づくりの段取り

当サイトは絶対に成功させたい、初めての注文住宅での家づくりに欠かせない基本を解説しています。
大きな買い物で失敗を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。
注文建築の住宅のフルオーダーとセミオーダー2つの違いについても、このサイトで触れています。
2つの違いを知りたい人におすすめです。
またオーダーメイド住宅におけるこだわり条件は、リストアップして優先順位を決めるのがコツです。
理想を形にすることができるようになります。

Search